堀金箔粉株式会社 > 材料を探す>転写箔(スタンピングホイル)>≪SAILING FOIL≫【蒸着箔】一般紙用・コールド箔

材料を探す

転写箔(スタンピングホイル)

≪SAILING FOIL≫【蒸着箔】一般紙用・コールド箔

金・銀・カラー様々なメタリック色とタイプをご用意しております。

紙・シール・パッケージ等、メタリック加飾がされているあらゆる身近な製品に使用されています。手に取ったお菓子のパッケージで、少し凹んだ箇所がきらりと光っていればそれは堀金の転写箔かもしれません。安心、信頼の出荷体制で現場のご要望にお応えします。

アルミ蒸着転写箔とは

 

アルミ蒸着箔の製造方法はポリエステルのベースフィルムに転写時にフィルムから剥離するようにシリコーン系・ワックス系の樹脂をコーティングします。その上に黄色の染料・顔料樹脂をグラビア印刷し、この黄色染料の上にアルミを蒸着すると金色になります。

一般紙用(ホットスタンピング)

 

転写箔はメタリック光沢を表現したい時に使用され、紙分野では雑誌の表紙、上製本、化粧品のパッケージやラベル、カレー、チョコレート、ガムの包装、グリーティングカード、紙幣、商品券、株券等に使用されています。
プラスチック分野では弱電器具、自動車パネル、化粧品容器、クレジットカード、掛け時計、ボールペン、玩具、ビニール製品、皮革、鉛筆等に使用されています。
主に凸版を使用し、熱と圧で転写をします。

※クリックで拡大画像をご覧いただけます。

※蒸着箔の基材適性と物性はこちら
 

コールド箔

オフセット印刷、フレキソ印刷、シルクスクリーン印刷等多様な印刷方法に対応する優れた蒸着箔です。

コールド箔とは

印刷物にUV硬化型の接着剤を塗布します。
フィルムベースの箔を密着させ、UV光を照射します。
フィルムを剥がします。
箔の上にカラー印刷をします。

従来のホットスタンプ箔 → 熱と圧による転写方法

コールド箔(フォイル) → 熱と圧を必要としない転写方法

 

大きな特徴としてはインライン・ワンパスで「箔加工」や「箔上印刷」ができる、新しい「箔(メタリック)表現」=グラデーション・ベタ抜きが可能、熱と圧に弱いフィルム系素材への「箔加工」が可能です。

コールド箔による箔表現とは、印刷機による熱を使わない(冷熱)箔押しのことです。箔加工(印刷)した上にカラー印刷を重ねることが出来る新しい技術です。

従来の箔加工(ホットスタンピング)では、箔押専用の金型凸版を用いて、箔押機で熱、圧力によって加工する熟練の技術が欠かせませんでした。

一方、コールド箔による印刷では、オフセット印刷機やラベル印刷機のユニットで、箔の接着剤を印刷(塗布)することができる為、より繊細な箔表現ができるようになりました。

従来の必要条件を無くした画期的なメタリック印刷の登場によって、ホットスタンピングでは加工できなかった、熱や圧力に弱いフィルム系素材への箔加工や、箔グラデーションなどの多彩な色の表現も可能となりました。

現在、欧米での箔押し市場の10~20%を占めると言われる「コールドスタンプ」。

日本ではIGAS2007で、はじめて紹介され関心が高まっています。

私たちは、この技術に早くから注目し、1997年に国内初となる「コールドスタンプ用 転写箔」を開発。以来、20年以上にわたり業界を代表するノウハウと技術、そして製品をご提供しています。

 

安心・信頼の出荷体制で現場のご要望にお応えします

受注後のスリッター、巻き直し、出荷の体制を整えております。納品まで迅速に対応いたします。

製品に関するお問い合わせ

【営業時間】8:45~17:00 【定休日】土・日・祝日

お問い合わせ
English | Chinese