堀金箔粉株式会社 > よくあるご質問 > 食品用金箔・薬品用金箔について

よくあるご質問

食品用金箔・薬品用金箔について

Q1. 金箔は食べても大丈夫ですか?

金、銀ともに、体内で吸収されることがなく人体に対して安全な物質であり、厚生労働省より食品添加物と認められています。弊社の推奨する金箔(舞妓印)は銅を含んでいないため、より安心・安全です。

Q2. 切廻し(きりまわし)とは何ですか?

昔から金箔業界では金箔を砕いた物を切廻し[きりまわし]と呼んでおります。
また、屑とも呼ばれますが、実際には金箔を打ち延ばし1枚1枚丁寧に検品して袋に詰めておりますのでご安心してご試用してください。

Q3. 食用金箔の注意書きに「こんぶ類、食肉、鮮魚介類(鯨肉を含む)、茶、のり類、豆類、野菜及びわかめ類に使用してはならない」と記載がありますがどのような意味ですか?

金箔を食品添加物として販売する際、厚生労働省より表記するように定められた文言です。金箔とは正式には食品添加物・着色料であり、例えばこんぶ類(生わかめ等)に金箔を貼り、「金色のワカメ」と偽ったり、食肉に金箔を貼り「金の肉」等と謳って販売ができないと言う意味です。
非常に誤解をまねく表記ですが法律上、書かせていただいております。一般的なステーキや刺身、ケーキ等の加工食品に対してのご使用は問題ありません。

Q4. お酒に入っている金箔はどれくらいの量ですか?

酒造メーカー様により様々です。弊社製品「舞妓印」の場合、1gで一升瓶100本程度と認識しております。

Q5. 金箔を使用してケーキ等を作った場合、表示にはどのように書けばよいですか?

『着色料(金箔)』と表記下さい。

Q6. 一般の金箔(舞妓印等)とハートや「寿」の字に打ち抜いた金箔の違いは何ですか?

製造方法・純度・質感が異なります。一般の金箔は職人が叩いて延ばす製法に対して、ハートや文字型に打ち抜いた「きんきらら(蒸着)」の金箔は真空中で金の粒子を飛ばして製造します。この方法をスパッタリングと呼びます。外部からの影響がない密閉された真空窯の中で作られるため、異物の混入を防止でき安心してご使用いただけます。

Q7. オリジナルデザインの金箔を作ってもらえますか?

可能です。ご相談ください。

Q8. 薬に金箔や銀箔がコートされた物がありますが、体に影響はないのですか?

金、銀は厚生労働省から正式に認可されている着色料・食品添加物ですので、準じている薬品のコーティング剤としても多く使用されております。

Q9. なぜ薬に使用するのですか?

金箔をコーティングすることにより、水分の侵入を防ぐ役割があります。
また銀箔をコーティングすることにより、抗菌効果を与える役割があります。

その他お問い合わせ

【営業時間】8:45~17:00 【定休日】土・日・祝日

お問い合わせ
English | Chinese