堀金箔粉株式会社 > 用途・製品から探す>絵画材料・工芸材料>アルミ・洋金(真鍮)切廻し

用途・製品から
探す

絵画材料・工芸材料

アルミ・洋金(真鍮)切廻し

製紙・襖紙の装飾などに

箔を断った時の耳の部分を「切廻し(きりまわし)」と呼びます。洋金は銅と亜鉛で出来た真鍮のことであり、配合によって赤金色の「赤口」と青金色の「青口」の2種類がございます。

洋金切廻し(洋屑)
赤口
洋金切廻し(洋屑)
青口
アルミ切廻し

アルミ洋金切廻赤

アルミ洋金切廻し 青口

厚み:約0.4μ
銅:89.00%
亜鉛:11.00%

※お買物はこちら

厚み:約0.4μ
銅:85.00%
亜鉛:15.00%

※お買物はこちら

厚み:約0.3μ
アルミ:99.99%
 

※お買物はこちら

規格

4g入~

使用例

製紙、襖紙の材料として長年使われています。扱いやすく安価なため、大量生産を必要とする場面で重宝されています。画材工芸としても広く使われています。

製品に関するお問い合わせ

【営業時間】8:45~17:00 【定休日】土・日・祝日

お問い合わせ
English | Chinese