堀金箔粉株式会社 > 用途・製品から探す>絵画材料・工芸材料>箔押道具

用途・製品から
探す

絵画材料・工芸材料

箔押道具

京都産の竹を使用した箔を扱うための道具

砂子筒・箔箸・バレン・皮板・たたき筆・うつし紙・平筆・赤毛金巻刷毛、蒔絵筆、細書き用など、箔・泥を扱う上で必携の専用道具を取り揃えております。

砂子筒

網目の荒さによって箔や切廻しをつぶして振り掛ける、「砂子振り」に使用します。

砂子筒には箔を使用したときの残り箔や切り廻しを使用します。
用途に合った目の粗さの砂子筒に箔を箔箸で入れ、砂子用刷毛でかきまわすようにして下に箔の小片を落としていきます。
それを和紙や油紙などで受け、必要量ができたら、もう一度筒にいれておきます。
砂子を定着させる為、画面に膠水をぬって乾かしてから、さらにドーサ液や膠水などをぬります。そして砂子を入れた筒を画面の上で振ったり、筒の胴の部分をたたいたりしてその振動で砂子を画面に落とします。
金泥の場合は、泥を筒に入れて、ポンポンと叩くと砂子が蒔けます。

ポイント

一度に厚く落とさず、砂子を押さえ乾かしてからもう一度同様の作業を繰り返します。

※お買物はこちら

 

箔箸

上から箔箸 一般用(約27cm)
中(約20cm)真珠用(約20cm)
小(約10cm)

「箔箸」は箔を掴む際に使用します。竹製ですので静電気に強く、適度にしなり、よく手になじみます。
お好みで先端を削って下さい。各サイズを取り揃えております。

※お買物はこちら

バレン

寸法: 9.5cm×7cm

金箔のように極薄のものを操作することは大変むずかしいため、「箔をあかす」という作業が必要になります。
油分のついたバレンで、箔より一回り大きな箔紙をこすります。

その時に使用する道具です。

※お買物はこちら

皮板(箔盤)・竹刀(ちくとう)

寸法:皮板 20㎝×20cm ・ 竹刀 約30cm

板の上に牛革や鹿革を貼ったもので、金箔を切るための道具です。あか写しや切箔や野毛を作る際にお使いください。​

※お買物はこちら

たたき筆・砂子刷毛

上から砂子刷毛 たたき筆大・中・小

砂子筒と一緒に、砂子を作る時に使用したり、
墨や絵具のぼかし、かすれを表現するのに使用します。

※お買物はこちら

漆刷毛

漆刷毛半通し
上から四分・三分・二分・一分

昔から漆塗り和竿作りにも使われ、職人からも非常に高い評価を得ています。
カシューの上塗りにも実績十分です。
箔押し用の接着剤(カシュー)を塗る際使用します。

※お買物はこちら

赤毛金巻刷毛 特製五分

金箔を払うときに使用する刷毛です。
非常に柔らかいのでキレイに箔が払えます。
他の大きさも有りますのでお問合せ下さい

 

平筆

上から3号、2号、1号

接着剤などを塗る時に使用します。

※お買物はこちら

蒔絵筆 細書き用


毛先長さ25mm

材質はナイロンですが、ネズミの毛を再現させた繊細な加工が毛先になされていることが解ります。
ネズミの本根朱筆との比較・差異や優劣といった話は一切なく、純粋に一つの製品として究極を目指した驚異的な筆の完成です。

※蒔絵筆のカタログはこちら
※お買物はこちら

うつし紙

 

 

箔押の際に箔をうつして使用します。

使い方
  1. 金箔を皮板の上に置き、うつし紙をそっと上から置き箔箸やバレンで密着させます。うつし紙のツルツルした面と金箔を重ねて下さい。
  2. うつし紙を上に持ち上げると箔が紙に仮接着されます。
  3. 箔押しをしたい接着剤の塗られた板や紙に金箔を貼りつけたうつし紙を置いて金箔をおさえ、その後うつし紙だけを剥がして下さい。

※お買物はこちら

製品に関するお問い合わせ

【営業時間】8:45~17:00 【定休日】土・日・祝日

お問い合わせ
English | Chinese